二つ名モンスターを倒すことにより、二つ名武具の生成が可能になります。

特別許可クエストとは?受注条件などのまとめ

MENU

特別許可クエストとは

 

前作モンハンクロスから「二つ名モンスター」と呼ばれる強力な特殊個体モンスターが登場するようになりました。
これら二つ名モンスターの討伐が特別許可クエストを受注することによって可能になります。
ただし、この特別許可クエストは誰もが受注できるわけではなく、受注には一定の条件を満たす必要があります
龍歴院からその実力を認められた者だけが受注できると言われている特別許可クエストについてまとめていきます。

 

 

特別許可クエスト券

特別許可クエストを受注するには一定のハンターランクを上回っている必要があります。
しかしハンターランクを満たしていても「特別許可クエスト券」を持っていなければ受注することができません。
特別許可クエスト券は様々なプレイヤーとのすれちがい通信をすることによって郵便屋からもらったり、龍歴院ポイント(1000pt/枚)で交換することなどによって入手できます。
この特別許可クエスト券を3枚消費することによってクエストの受注が可能になるのです。
各二つ名モンスターごとに定められた特別許可クエスト券が必要になります。

 

二つ名持ちモンスターとは

特別許可クエストでのみ狩猟が可能なモンスターで、それぞれ通常種とは異なる特徴を持った特殊個体です。

それぞれが通常種に比べて大幅にパワーアップしており、攻撃パターンや耐性などについても変化があるため、討伐が困難な強敵となっている。

 

クエストのレベル

各二つ名モンスターの特別許可クエストには「レベル」があり、レベル1をクリアするとレベル2が受注可能になる、といった要領で最終的にレベル10まで進めることができます。
当然ながらレベルが上がるごとに難易度は増していきます。それぞれクリアしたレベルに応じて「狩猟の証」をもらうことが出来、これを後述する二つ名武具の強化に仕様します。

 

二つ名武具

特別許可クエストに登場する二つ名持ちモンスターからしか入手することができない素材があり、それらを使用することで二つ名武具の生産や強化ができます。
二つ名武具は「RARE X」という特殊なレアランクが与えられていて、その単純な攻撃力や防御力などの数値が優秀なのはもちろんですが、その他にも「狩技ゲージが溜まりやすくなる」という恩恵まで付いています。
二つ名武具の強化にはそれぞれの「狩猟の証」が必要になるため、一式を強化しつくすのにはかなりの手間がかかります。
しかし、その分強化した際の恩恵は大きく、強化レベルが6を超えると独自の複合スキルを発動するようになります。
いずれも強力なスキルなので注目です。

 

二つ名スキル

前述のように二つ名武具一式をレベル6以上に強化すると独自の複合スキルを発動します。スキル名とその効果をまとめました。

スキル名 効果
紅兜の魂 逆恨み、集中の効果発動。
矛砕の魂 業物、反動軽減+2、精霊の加護を発動。
岩穿の魂 火事場+2、拾い食いを発動。
紫毒姫の魂 状態異常攻撃+2、広域+2を発動。
黒炎王の魂 風圧【大】無効、攻撃力UP【大】を発動。
白疾風の魂 回避性能+2、見切り+3を発動。
金雷公の魂 力の解放+2、体術+2を発動。
荒鉤爪の魂 早食い+2、高級耳栓を発動。
大雪主の魂 回避距離UP、スタミナ急速回復を発動。
隻眼の魂 気絶無効、挑戦者+2を発動。
宝纏の魂 護石王、腹減り無効を発動。
燼滅刃の魂 斬れ味レベル+2、弾道強化、砥石使用高速化を発動