MHXXの14種類の武器×4種類の狩猟スタイル別におすすめスキル&防具をまとめてみました。

モンハンダブルクロス-14種の武器別おすすめ装備

MENU

 

モンハンクロス武器×狩技×狩猟スタイル

モンスターハンタークロスの14種類の武器と狩猟スタイルによっておすすめスキルが変わるのは言うまでもありません。
今作でさらに狩猟スタイルは2つ増えたので、組み合わせはなんと84通りにも登ります!

 

狩技

モンハンクロスから導入された要素で、その武器特有の必殺技でモンスターに攻撃することなどでゲージを貯めることで使うことができます。
狩猟スタイルによって使える必殺技数も変わります。

  • エリアルスタイル、ブシドースタイル1個
  • ギルドスタイル2個
  • ストライカースタイル3個
  • ブレイヴスタイル1個
  • レンキンスタイル3個

※ストライカースタイルは攻撃をしたときに他のスタイルより貯まりやすく、攻撃を受けたときもゲージが貯まりやすいスタイルです。

 

狩猟スタイル

ギルド

今までのモンハンで慣れた&今までのモンハンのおすすめスキルが合いそうなスタイルです。

 

ストライカー

狩技重視、攻撃力特化型と言えそうなので攻撃力大、弱点特攻など火力が上がるスキルを付けたいスタイルです。

 

エリアル

空中からの攻撃を繰り出すことができる、モンハン4の操虫棍を他の武器でもといったスタイルです。

 

ブシドー

敵の攻撃を回避、ガードすることを前提としたスタイルで、回避性能や回避距離、ガード性能などと相性がよさそうなスタイルです。

 

ブレイヴ

今作から導入された新しいスタイル。敵の懐に飛び込みギリギリの攻防をすることにより、ブレイヴ状態となって圧倒的火力を得ることのできるスタイルです。

 

レンキン

今作から導入された新しいスタイル。罠や様々なアイテムを作り出して、味方をサポートすることに特化したスタイルです。

 

 

狩猟スタイルに加えて、さらに武器ごとの特色と狩技、自分の長所短所を生かしたスキル構成が大事になるのでモンハンダブルクロスは限りないキャラの作成を可能としています。

 

大剣おすすめ装備×スキル×スタイル

全14種類の中で1番攻撃力が高く、人気があると言っても過言ではない大剣
大剣は抜刀している状態だと、動きも遅くなり基本的な動きとしては、納刀→抜刀→溜め→攻撃→回避という動きになります。
溜めの時間を短くする集中、納刀を早くする納刀術、抜刀時に会心率を上げる抜刀術【技】などが相性の良いスキルと言えます。
今作品ではエリアルスタイルで空中攻撃のできる大剣ハンター、さらにストライカースタイルで攻撃力と狩技に特化させるハンターなど大剣の中でもスタイルが別れそうです。

>>大剣装備の詳細はこちら

 

太刀おすすめ装備×スキル×スタイル

剣士の中で1番バランスがとれており、モンスターを斬るたびに鋭さが増していく、初心者にもおすすめな太刀
太刀は防御(ガード)をすることができないので、攻撃しつつ、回避してモンスターの攻撃をかわし、手数で圧倒する動きになります。
太刀のゲージを増加させる集中、回避性能や回避距離UP、手数が多い熟練ハンターには業物などのスキルが合うと言えるでしょう。
今作品では狩技が攻撃力UPとカウンタータイプの技ということから、攻撃をかわしてカウンターで攻撃しつつ手数をさらに増やすブシドータイプに人気が集まりそうです。

>>太刀装備の詳細はこちら

 

片手剣おすすめ装備×スキル×スタイル

武器を抜刀したまま、アイテムを使うことが可能で手数とモンスターへの状態異常攻撃で活躍する片手剣
防御もすることができ、アイテムをどの武器よりもすぐに使うことができるので、サポートや罠を使う、オンラインではパーティーにいると喜ばれる存在です。
手数が増えるので状態異常や各属性値を強化するスキルや、アイテムを共有することができる広域化スキル、罠をすぐに張ることができる罠師のスキルなどが片手剣に合うスキルと言えます。
今作品では「刃薬付与」という新要素も加わり、更なる火力UPやモンスターへの状態異常を引き起こすサポート能力の上昇も期待できます。

>>片手剣装備の詳細はこちら

 

双剣おすすめ装備×スキル×スタイル

攻撃スピードが早く、鬼人化、鬼人強化状態が強力で昔から人気のある双剣
武器のリーチが短く、ガードができないことで回避性能や高級耳栓などを付けて敵の攻撃をかわすのが必須と言えます。
また鬼人化中、スタミナが減るのでランナーや気力回復、手数が多いので属性値や異常効果のスキルと相性が良いので武器に合わせてスキルを付けていきましょう。
今作品の双剣は流麗という言葉がふさわしい攻撃を繰り出します。回避主体の双剣のハンターはブシドー、攻撃で押し切りたいハンターはストライカー、空中から美しく舞いたいハンターはエリアルとスタイルがわかれそうな武器です。

>>双剣装備の詳細はこちら

 

ランスおすすめ装備×スキル×スタイル

強力なガード性能があり、敵の攻撃をガードしつつ隙を見て攻撃をするランス
ハンターによってはガード強化をするランサー、移動スピードを上げるため回避性能&回避距離のスキルを付けるランサーもいます。
ガード性能、ガード強化or回避性能、回避距離UPを選び、その後は斬れ味+1、複合スキルの居合術【力】などを加えると魅力的になります。
今作品では人気が出そうなスタイルは「ブシドースタイル」でしょう。モンスターの攻撃を受ける入りギルのタイミングでガードをすることで「ジャストガード」が発動し、モンスターにカウンターで「十字払い」という2連攻撃を食らわせます。

>>ランス装備の詳細はこちら

 

ガンランスおすすめ装備×スキル×スタイル

ランスに砲術がプラスされ、モンスターの隙を見つけて砲術を叩き込む一撃の火力が強化されたガンランス
砲術を効率よく使うために、砲術スキル、その時に斬れ味を落とさないための業物などは必須スキルと言えます。
砲撃は火属性の属性値がつくので、火に弱いモンスターと戦うときはとても相性が良いでしょう。
今作品から「ヒートゲージ」という新要素がつき、かなり上手く慣れたハンターでないとガンランスは扱えないそのようなイメージがあります。
「ブシドータイプ」でジャストガードを狙いつつ、ヒートゲージを使いこなす使うハンターはパーティーにいるだけで心強く感じるかもしれません。

>>ガンランス装備の詳細はこちら

 

スラッシュアックスおすすめ装備×スキル×スタイル

斧モードと剣モードがあり、変形させながらビンを使いつつモンスターに高い火力で戦えるスラッシュアックス
高い火力を持つ一方、ガードはできないので回避性能、納刀に時間がかかるので納刀のスキルなどを付けて攻撃をくらわないハンターを目指しましょう。
攻撃面は斬れ味+1、業物、集中などのスキルと相性が良く、4から追加された複合スキルもかなり使いやすい武器です。
狩技が攻撃を長い間繰り広げる技と、剣モードの威力UP、スラッシュゲージを回復という特色ある狩技なので、回避が得意なハンターは「ブシドー」、空中戦が得意なハンターは「エリアル」で始めるのはいいかもしれません。

>>スラッシュアックス装備の詳細はこちら

 

チャージアックスおすすめ装備×スキル×スタイル

モンハン4から追加された、ガードもできて斧モードの属性解放斬りが派手で火力も高い人気のチャージアックス
攻防にバランスがとれていて、ガードを使う人はガード性能、ガード強化のスキルをしっかりと付けましょう。
斬れ味+1、業物なども付けておきたいスキルで、14種の武器で1番「自分」のスキルを付けることができる武器と言えます。
ブシドーはジャストガード、エリアルは空中から斧モードで叩きつけと属性開放切りとスタイルで大きく特徴が異なります。
ストライカースタイルはオーバーリミットでMAXまで高めてからのエネルギーブレイドをモンスターに当てることができたら相当なダメージを食らわせることが可能になります。

>>チャージアックス装備の詳細はこちら

 

操虫棍おすすめ装備×スキル×スタイル

こちらもモンハン4から始まった新しい武器で、猟虫を操りつつ己を強化でき、何よりも空中攻撃に特化している操虫棍
操虫棍の最大の特徴はジャンプ攻撃ができることで、他の武器に比べてもモンスターに乗りやすいことです。
乗りのスキルとガードができないので回避スキル、手数が多いので業物などのスキルと相性が良いでしょう。
狩技の蟲纏いが使いにくいので、更なる空中戦特化型のハンターはエリアル、回避しつつエキスを集めたいハンターはブシドーを選ぶとよいでしょう。

>>操虫棍装備の詳細はこちら

 

ハンマーおすすめ装備×スキル×スタイル

打撃属性の最高火力をもち、付けたいスキルがちょっと異質でもあるハンマー
KOや破壊王など、部位破壊をしたい方は是非付けたいスキルで、また4Gから追加された複合スキル強打はハンマーのためにあるようなものです。
溜めを早くする集中、スタミナを維持させるためのスタミナなどもハンマーにおすすめのスキルです。
今作品ではいつもは届かなかった場所を攻撃できるエリアル、敵の攻撃をかわした後、溜めた状態で攻撃状態に移れるブシドーと更なる破壊王としての期待も高まります。

>>ハンマー装備の詳細はこちら

 

狩猟笛おすすめ装備×スキル×スタイル

笛を演奏して、パーティーのサポートをする狩猟笛
まず絶対に付けないといけない必須スキルが笛吹き名人で、このスキルは笛専用でもあり、あるなしでは効果がかなり変わります。
また敵に演奏中に邪魔をされないように隠密、打撃系の武器ということもあり攻撃するときにKO術や破壊王、弱点特攻などのスキルも合います。
今作品からは新要素として「重音色」という、モンスターに攻撃すると音符が「♪」→「♫」に変わり、重音色で旋律を奏でると前回の発動させた旋律も同時に得られます。

>>狩猟笛装備の詳細はこちら

>>旋律早見表はこちら

 

弓おすすめ装備×スキル×スタイル

ビンを装着しサポートも攻撃も幅広くでき、今回から新アクション「バックダイブ」が加わった弓
段差が加わり、角度を調節しないと当たらなくなり難易度が上がったと言われていますが、火力サポートともに人気がある武器には変わりありません。
集中、ランナーなどの弓を射るために必須なスキルと、その武器にあわせる~矢強化や属性強化などのスキルと相性がいいと言えます。
今作品のスタイル別では近距離から空中で攻撃するエリアル、距離を取るの戦いをするので回避中心のブシドーは合わないことからも、使える狩技が揃ったストライカースタイルのハンターが主になりそうです。

>>弓装備の詳細はこちら

 

ライトボウガンおすすめ装備×スキル×スタイル

納刀や動きも軽快で、敵を攻撃しやすく状態異常攻撃などでサポートに向いているライトボウガン
速射や状態異常などにもしやすく、速射が撃てる属性武器に合わせて属性攻撃UPのスキルを加えればかなり火力は上がります。
今作品から武器内蔵弾と呼ばれる、各ボウガンによって特定の弾が撃てるよう装備されているというもので攻撃の幅が広がりました。
スタイルとしては空中射撃ができることになり、さらに速射で弱点部位を狙えるエリアルスタイルや、火力不足を補える狩技を多く使えるストライカータイプがお薦めです。

>>ライトボウガン装備の詳細はこちら

 

ヘビィボウガンおすすめ装備×スキル×スタイル

ガンナーの中でも高い攻撃力と火力を誇るヘビィボウガン
納刀と移動速度が遅いので回避距離UPや納刀などのスキルはつけておきたいところです。
装填速度や反動など武器に合わせたスキルを組み合わせるのがヘビィボウガンの防具の作り方と言えます。
狩技がかなり強力なヘビィボウガンをうまく使いこなすためにもストライカータイプがお薦めのスタイルと言えそうです。

>>ヘビィボウガン装備の詳細はこちら