ライゼクスの特徴を知り、攻略に役立てていきましょう。

ライゼクス攻略-倒し方などのまとめ

MENU

ライゼクス攻略

 

 

モンスターハンターダブルクロスの4大メインモンスターの一角、ライゼクスの特徴や攻略情報をまとめました。
「雷の反逆者」「電竜」という通称からもわかるように、電気を使った攻撃を仕掛けてくるモンスターです。
ライゼクスの弱点や特徴、倒し方などの攻略のポイントを解説していきます。

 

ライゼクスの特徴

ライゼクスは飛竜種に属し、略称は「電竜」となっています。その名の通り電気を自身の体内で作り出し、強力な攻撃を仕掛けてきます。
特に注意が必要なのが「電荷状態」と呼ばれる状態になった時です。ライゼクスは自身の体内にある発電器官で発電した電力をトサカや翼膜や尻尾などに溜め、一定以上の電力が溜まると「電荷状態」となります。電荷状態になると攻撃のパターンも変化し、より強力な攻撃を仕掛けてくるので注意が必要です。

 

ライゼクスの攻撃パターン

トサカ攻撃

トサカを振り回しての前方への攻撃。
電荷状態になると電気を放出することによって攻撃範囲がさらに広くなる。

 

雷柱ブレス

前方へ柱のような電撃を2本出す。放たれた電撃はターゲットに向かって独自の軌道で飛んでくるので、回避の仕方に注意が必要です。

 

翼爪なぎはらい

翼を大きく広げた後に前方をなぎ払う攻撃。翼を振る動作に伴う尻尾の振りにも攻撃判定があります。

 

尻尾からの放電

ライゼクス尻尾を高くあげ、斜め後方を向いたら要注意です。そこから尻尾を左右に叩きつけることによって4方向へ電撃を放ちます。電撃は非常に高速で、軌道を確認してからの回避では間に合わないこともあるので、予備動作から軌道を予測し、回避するようにしましょう。

 

電荷状態

電荷状態中の攻撃は通常時に比べさらに強化されます。電荷状態の特徴をまとめました。

 

トサカがブレード状の電気を帯びるようになり、攻撃範囲と威力が大幅に上昇する。

 

尻尾を地面に叩きつけた際に、尻尾の先端方向へ高速の電撃を放つ。

 

電気を使う攻撃のすべての威力が大幅に上昇する。

 

剥ぎ取り・落し物・部位破壊報酬

剥ぎ取り・落し物

部位 下位 上位
本体 電竜の鱗

電竜の棘殻
電竜の帯電膜
圧電甲
電竜の逆鱗

電竜の上鱗

電竜の堅棘殻
電竜の高電膜
高圧電甲
電竜の雷玉

尻尾 電竜の鋏尾

圧電甲

電竜の鋏尾

高圧電甲

落し物 竜のナミダ

電竜の鱗
電竜の逆鱗

竜のナミダ

電竜の上鱗
電竜の雷玉

 

部位破壊報酬

部位 下位 上位
トサカ 電竜の冠甲

圧電甲
電竜の逆鱗

電竜の堅冠甲

高圧電甲
電竜の雷玉

翼爪 電竜の翼爪×2

電竜の帯電膜
圧電甲

電竜の鋭翼爪×2

電竜の高電膜
高圧電甲

背中 電竜の棘殻

電竜の鱗
電竜の逆鱗

電竜の堅棘殻

電竜の上鱗
電竜の逆鱗

 

ライゼクス攻略のポイント・倒し方

ライゼクスはとにかく「電荷状態」時の対処が攻略のポイントになると思われます。蓄電するトサカ・翼膜・尻尾を部位破壊することによって、電荷状態を弱まらせることができると思われますので、それらの部位破壊をまず狙うことが先決となるでしょう。

 

ライゼクスの弱点

ライゼクスの弱点は氷属性です。次点で水属性もダメージが通りやすいので、氷か水どちらかの属性の武器で挑みましょう。

 

ライゼクスの弱点部位

ライゼクスの弱点部位は「頭」です。頭の位置も特別高いわけでもなく、狙えば比較的当てやすいです。

 

立ち回り方

ライゼクスは電荷状態になると攻撃力・攻撃範囲ともに増幅するため非常に危険です。トサカ、尻尾、翼膜それぞれに蓄電することによって電荷状態を維持するので、これらの部位を破壊すると電荷状態を弱体化できます。
この部位破壊を序盤でできれば立ち回りがかなり楽になるでしょう。
特別厄介な攻撃はありませんが、雷属性やられ状態になると気絶確率が上がるため、気絶から攻撃を立て続けに受けてしまいベースキャンプ送りになってしまうリスクがあります。
その対策に、雷属性耐性のスキルを付けておくと良いでしょう。