モンハンダブルクロスに登場するモンスター・ディノバルドの攻略情報をまとめました

ディノバルドの攻略まとめ【モンハンダブルクロス】

MENU

ディノバルド攻略

 

ディノバルド

 

モンスターハンターダブルクロスにも登場する4大メインモンスターの一角、新モンスター「ディノバルド」の特徴や攻撃パターン、弱点部位など攻略のポイントを解説します。

 

ディノバルドの特徴

ディノバルドの見た目は赤黒く、火属性のモンスターです。尻尾に特徴があり、火属性を帯びた尻尾による攻撃が多いく、注意が必要です。その尻尾をまるで剣のように振り回すところから、通称「斬竜」と呼ばれています。性格は非常に獰猛で、過去作でいうところのイビルジョーのようなイメージでしょうか。非常に危険なモンスターと言えます。

 

尻尾の状態変化

ディノバルドは咆哮時に尻尾を地面にこすりつけて研磨する習性があります。これによって尻尾の色が変化し、同時に状態が変わります。
ディノバルドの尻尾は青→赤→ススでくすんだ色と変化します。

 

→通常の状態。この状態で3回ほど尻尾をこすると赤に変化する。肉質は硬め。

 

→尻尾に火属性を帯びている状態。攻撃力が大幅に上昇している変わりに、肉質は柔らかくなっており、ダメージが通りやすくなっている。

 

くすんだ色→尻尾による火属性攻撃を使いきった後にススが付き、切れ味が落ちている状態。尻尾を研磨することで通常の青色に戻る。

 

ディノバルドの攻撃パターン

噛みつき

2歩前進した後に体を大きく伸ばし前方に噛みつく攻撃。
足元に転がり込むことで回避ができる。
噛みつき後には尻尾が伸びていてスキがあるので、尻尾を攻撃するチャンスができる。

 

前方尻尾なぎ払い

2歩ほど後退した後に尻尾を地面に叩きつけるのが予備動作。
予備動作の後、体をひねりながら尻尾で横から前方にかけてをなぎ払う攻撃。左右どちらのパターンもある。
攻撃後にこちらを振り向く動きは遅いため、ここで攻撃のチャンスが生まれる。

 

尻尾振り下ろし

2歩ほど後退した後に尻尾を高く振り上げるのが予備動作。
前方なぎ払いと予備動作似ているため、フェイントに引っかかってしまうのに注意が必要。前方なぎ払いを警戒しすぎるとモロに攻撃を受けてしまう。
攻撃範囲が広いので、普段からある程度距離をとっておくようにするのが良い。

 

大回転尻尾攻撃

2歩ほど後退して尻尾を高く振り上げた後、尻尾を口のあたりへ持って行き牙で研磨するのが予備動作。
牙で研ぐことで溜めたエネルギーを放ちながら回転しながら尻尾でなぎ払う。攻撃範囲はかなり広め。
口に尻尾を加えてから2.8秒後になぎ払いがくるので、そのタイミングに合わせてジャスト回避や緊急回避でかわすと良い。

 

単発マグマブレス

口から炎を漏らしつつ、頭を時計回りに振り上げるのが予備動作。
ターゲットの足元に向けて残留型のマグマを放つ。2秒後に爆発し、食らうと火属性やられ状態になる。
マグマを吐く回数が1回の場合と2回の場合があるので、1回目の攻撃時に緊急回避を使ってしまうと2回目がきた場合に対処できないので注意が必要。

 

三連マグマブレス

口から炎を漏らしつつ、頭を反時計回りに振り上げるのが予備動作。予備動作時の頭を振り上げる回転の向きが単発と逆なので、そこで見分ける。
右→中→左の順にマグマブレスを放つ。

 

剥ぎ取り・落し物・部位破壊報酬

剥ぎ取り・落し物

部位 下位 上位
本体 斬竜の鱗

斬竜の甲殻
斬竜の炎状殻
斬竜の牙
斬竜の逆鱗

斬竜の上鱗

斬竜の堅殻
斬竜の焔状殻
斬竜の鋭牙
斬竜の炎玉

尻尾 斬竜の尻尾

斬竜の尾刃片
斬竜の逆鱗

斬竜の尻尾

斬竜の尾刃片
斬竜の炎玉

落し物 竜のナミダ

赤熱した火炎嚢
斬竜の逆鱗

竜の大粒ナミダ

赤熱した紅焔嚢
斬竜の炎玉

 

部位破壊報酬

部位 下位 上位
本体 斬竜の牙×2

斬竜の牙
斬竜の炎状殻
赤熱した火炎嚢
斬竜の逆鱗

斬竜の焔状殻

赤熱した紅焔嚢
斬竜の鋭牙
斬竜の炎玉

前脚 斬竜の鱗

斬竜の甲殻

斬竜の上鱗

斬竜の堅殻

背中 斬竜の炎状殻

斬竜の甲殻

斬竜の焔状殻

斬竜の堅殻

尻尾 斬竜の鱗

斬竜の尾刃片×2
斬竜の尾刃片×3
斬竜の炎状殻

斬竜の上鱗

斬竜の尾刃片×2
斬竜の尾刃片×3
斬竜の焔状殻

 

ディノバルド攻略のポイント・倒し方

ディノバルドの弱点

ディノバルドは前述のとおり火属性ですので、火属性耐性のある防具を装備していくと良いでしょう。特に尻尾攻撃による火属性やられ状態は脅威ですので、対策が必要です。
また、最大の弱点は水属性であり、次点で雷属性も比較的ダメージが通りやすいです。氷属性は弱点とはなっていないので注意。

 

ディノバルドの弱点部位

ディノバルドの弱点部位は「喉」です。
ディノバルドの喉は赤くなることがあります。喉が赤くなっているときに噛みつかれると火属性やられ状態になってしまうので注意が必要である反面、この間に喉を攻撃して怯ませることができると約10秒の長いダウンが取れるので、積極的に狙っていきましょう。
また、「炎熱状態の尻尾」も肉質が柔らかくなっており、弱点となります。

 

立ち回り方

尻尾による攻撃範囲がとにかく広く、マグマブレスなどの遠距離攻撃もあるため、距離を取って戦うスタイルは逆に危険です。したがって、ガンナーによる攻略はかなり難しいのではないかと予想されます。各攻撃にかわすポイントがあるので、足元に入り込んで近い距離で戦うのが好ましいです。

 

ディノバルドのスタミナ

ディノバルドはスタミナがなくなって疲労状態になると尻尾が青に戻ります。ハンマーや狩猟笛など、スタミナを奪いやすい武器で常に疲労状態を狙うと攻略しやすくなります。

 

ディノバルドの咆哮

ディノバルドは咆哮の非常に多く、耳栓系のスキルで対策をしておかないとかなり苦戦を強いられることになります。耳栓系スキルは欠かさずにつけていきましょう。
咆哮の予備動作は比較的わかりやすいのでブシドースタイルで咆哮をかわすのも良いです。

 

長い威嚇時の隙を突く

ディノバルドは約7秒という長い威嚇行動をとることがたびたびあります。
この間は動きを止めていて完全に隙だらけなので、威嚇行動の動きを見極めて一挙に攻撃をたたみかけましょう。